前へ
次へ

家庭教師をヘッドハンティングする

落ちこぼれの息子たちをかかえる場合に取れる手段は限定的です。
息子たちを叱りつけて学習塾に行かせる方法が一つです。
もう一つの方法は自宅で家庭教師を雇ってしまうというアグレッシブな手段です。
学力が相当に低いような息子たちであれば、選択肢はひとつしかありません。
それは自分の息子たちに最適な家庭教師を雇ってしまうという選択肢以外にはありません。
その際に裏技を一つご紹介しましょう。
個人契約で先生を雇う場合に一番難しいのが、人を選べないという点です。
ですから人材の豊富な専門の業者を通して家庭教師を紹介してもらい、その業者と契約します。
半年か一年が経過した後で、頃合を見計らって、先生に直接、個人契約を依頼するのです。
先生にもよりますが、大抵受け入れてくれる人達が多いです。
ですがこれは企業で言えば引き抜きとかヘッドハンティングの世界です。
できればこのような手段はとらないほうが良いに決まっています。
それでも息子達の将来を思えば、こういう行為に走ることも、やむを得ないのではないでしょうか。

Page Top